MENU

【顔画像】男女2人の容疑者のFacebookは?チケット不正転売禁止法違反の犯行動機がヤバすぎる

2023年4月21日『チケット不正転売禁止法違反』をしたことで男女2人の容疑者に注目が集まっています。

果たして男女2人の容疑者の顔画像はあるのでしょうか?

また2人の容疑者のFacebookの特定はされているのでしょうか?

2人の容疑者が犯した罪の重さや、衝撃の犯行動機にも注目をして、まとめていきます。

目次

チケット不正転売禁止法違反』が発生

ちなみに、事件現場についてですが

サイトで転売ということで詳細は明らかになっていません。

【顔画像】容疑者2人のプロフィール

容疑者2人のプロフィールはこちらです。

氏名  :男
住所  :東京都世田谷区
年齢  :25歳
職業  :無職

氏名  :女
住所  :東京都新宿区
年齢  :24歳
職業  :会社員

顔画像については、現在出回っていません。

本人たちの社会復帰を考えて警察・メディアも伏せる方向で進んでいるのでしょうか。

顔画像までは公開せずに、本人の更生を願っているのかもしれませんね。

容疑者2人のFacebookは特定できる?

容疑者のFacebookは現在、2人とも特定はできていません。

検索をしても検索結果画面に登場しないため

こちらは特定できませんでした。

Facebook自体アカウントを持っていない可能性が高いですね!

チケット不正転売禁止法違反』の罪の重さはどれくらい?

今回、容疑者2人は『チケット不正転売禁止法違反』の疑いで逮捕されていますが

罪の重さについてもまとめました。

チケット不正転売禁止法違反』罪での懲役、罰金の基準は?

今回はチケットを不正に転売したということで

チケット不正転売禁止法違反』にあたる可能性があります。

違反したときの罰則は1年以下の懲役若しくは100万円以下の罰金又はその両方が科されます。 チケットの転売は、業者だけでなく個人であっても、反復継続の意思をもって、販売価格を超える価格でチケットの転売が行われていれば、「不正転売」に該当し、罰則の対象となります。

引用:消費者庁

今後の検証や裁判などによって状況も変わると思われます。

男女2人の容疑者の犯行動機がヤバすぎた

今回の犯行動機についても調べました。

容疑者2人はチケットは公式サイトで入手していたそうです。

調べに対し2人とも容疑を認め

男は「自分は野球ファンで、全国に観戦に行く際の宿泊費などに充てるためだった」と供述しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次